共に支え合う暮らしの創造

めぐみ園

お知らせ

事業所案内

施設名称 障害者支援施設 めぐみ園
所在地 〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区三室1431番地
連絡先 電話:048-873-6461 FAX:048-874-1750
交通 JR北浦和駅、東武バスさいたま市立病院行き教育センター前下車、徒歩5分
事業内容・定員
施設入所支援
50名
生活介護
60名
短期入所(併設型)
5名

支援内容

日常生活支援 利用者ひとりひとりのニーズに対して、可能な限り対応し、食事、整容、排せつ、入浴、外出等様々な場面での支援をしています。 また、買い物や自宅帰省への援助など利用者ひとりひとりに合わせた自立支援も行います。
日中活動支援 はっぴぃ工房(製パン、焼き菓子作り)、三室ファーム(農作業)、ワーク四季(軽作業受託)による生産活動への機会を提供すると共に、充実した生活を提供します。 
※詳細については「活動紹介」を参照ください。
軽作業グループ、悠々グループ、楽々グループ、チャレンジグループというグループ活動を通じて、近辺散歩、体操、ドライブ、近辺外出などの体力や身体機能の維持、向上の場を提供し、生活の質の充実と更なる向上を目指し支援します。
余暇支援 ♔ 散髪外出
近くの理髪店へ行き、髪の毛を切ります。地域の方々との交流に繋がっています。
また高齢の方や車椅子を使用されていて移動が困難な方には訪問美容を提供しています。

♛ 喫茶ルーム
コーヒーや紅茶、緑茶などたくさんある種類の中から選び、ゆったりとした時間を過ごして頂きます。
利用者の方と職員の新たなコミュニケーションを図る場となっています。
❀ 生け花クラブ
月に一度、生け花の先生にボランティアとして来て頂き、生け花を楽しんでいます。生けたお花は事業所内に飾り、明るく華やかにしてくれています。
♛ 旅行
東京スカイツリーやすみだ水族館、狭山でのBBQなど少人数のグループで日帰り旅行を行っています。


地域との交流
散髪外出や食事外出等利用者の方の希望に沿って、めぐみ園近くのお店に行き、地域との交流を図っています。また、近隣での催し物やバザーへの参加も積極的に行います。
選挙の投票などへの引率も行い社会への参加に取り組んでいます。

日中活動紹介

軽作業グループ

軽作業グループには比較的軽度の利用者が所属し、主に魚の醤油さしを一つ一つ切り離す作業を中心に活動しています。

作業の場として、作業棟へ毎日通います。

悠々グループ / 楽々グループ / チャレンジグループ

年齢や身体機能に合わせて3つのグループに分かれています。
それぞれのグループで近辺外出や制作活動、足湯、また、月に一度のお茶会など様々な活動を提供しています。

スヌーズレン

めぐみ園ではグループ活動の一つとして、スヌーズレンという活動を行なっています。光や匂い、感触などの感覚を通して思い思いに過ごします。普段車椅子を使用している方はクッションの上に移動し、リラックスした状態になることができます。

園内紹介

1階、2階ホール

広々としたホールは利用者たちの憩いの場。食事や活動が終わると皆さん集まってきます。2階ホールには大型のテレビが設置してあり、昼時や夕方になるとみんなで集まってテレビを見たりして賑やかに過ごしています。

だいにんぐるーむ・活動場

大きな窓とおしゃれなライトが印象的なだいにんぐるーむ毎日調理員さん手作りの食事をここで頂きます。

食事前には調理場からの美味しそうな匂いに誘われてだいにんぐるーむ前で「まだかなー」と待っています。

中庭

緑あふれる中庭は利用者のお気に入りのスペース。散歩をしたり日光浴をしたり、時にはスイカ割りなどの行事をすることも・・・。

芝生の中央には創設者の理事長夫妻の銅像があり、いつもみんなを見守ってくれています。

会議室・活動場

その他にも行事の時にはだいにんぐるーむとの間の仕切りを開放して広々とした空間で活動する時もあります。

短期入所のご案内

めぐみ園では5名のショートステイ枠があります。
自宅で介護を行っている方が、病気などの理由により介護を行うことが難しい場合などに、
短期間宿泊する形で、ご利用いただけます。入浴・排せつ・食事等の支援を行います。
このサービスは介護者にとってのレスパイト(休息)としての役割も担っています。
ご利用には、事前に市町村からの支給決定と、めぐみ園との契約・事前予約が必要となります。

このページの先頭へ