緑豊かな環境で福祉事業を営んでいます

久美学園

お知らせ

事業所案内

施設名称 福祉型障害児入所施設 久美学園
所在地 〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区三室1431番地
連絡先 電話:048-873-5716 FAX:048-874-1750
交通 JR北浦和駅、東武バス市民病院行き教育センター前下車、徒歩5分
事業内容・定員
施設入所支援
65名
短期入所(併設型)
6名

支援内容

未就学児の保育支援 個々の発達段階と性格特性に応じた経験ができる環境を提供し、遊び、対人交流、生活を通して情緒的な豊かさを養い、障害の軽減と発達を促すよう支援します。
学齢児の支援
  • ① 特別支援学級児童を対象とした活動は、登下校の見守り、放課後時間を中心に宿題の見守りなどの活動、支援を行います。
  • ② 個々の障害程度に応じて、地域の小・中学校の特別支援学級あるいは特別支援学校に通学している中で、学校では将来を見通して「今何が必要か」という視点で個別の計画指導に基づいた教育を行っており、学校との連携を図り、施設は「お家」という生活の場で、育ちに対して積極的に支援していきます。
  • ③ 個別支援計画に基づき、個々の発達段階と性格特性を見ながら、発達支援・療育支援の質を高め、健康管理や基本的な生活習慣を中心とした生活訓練支援や職業訓練支援等を行い、地域生活への連携と繋がりを深め、地域移行を目指します。
  • ④ 特別支援学校卒業後の進路については、中学部卒業頃より保護者への説明や面接等を実施し、本人の意向、能力を踏まえ、保護者、学校、児童相談所、相談支援事業所、市区町村の担当支援課の関係機関等で協議し、利用者にふさわしい進路の選択ができるよう支援します。
余暇支援 法人のクラブ活動等に参加し、法人内他施設の利用者との交流を楽しめるよう支援します。クラブ活動は、個人の希望に沿った余暇を過ごせるよう支援します。
《法人クラブ活動》
① SC久美(サッカークラブ、ボウリングクラブ)
② ハンドベルクラブ
《施設内余暇支援》
① 種々クラブ(情操を高めます)

主な年間行事

主な行事及び計画
4月 一年頑張ろう会、入学式、家族交流会(含案内状の作成・投函)、こいのぼり設置
5月 こどもの日パーティー、母の日カード作成・投函、アウトドアランチ
6月 父の日カード作成・投函、バザー(含案内状の作成・投函)、うらわ踊り練習
7月 七夕祭り、うらわ踊り、夏休み企画(プール外出、花火、かき氷、ザリガニ釣りなど)
8月 夏休み企画(プール外出、花火、かき氷、夕涼みなど)、夜店、ラジオ体操
9月 家族交流会(含案内状の作成・投函)、敬老の日
10月 運動会、クッキングランチ、ハロウィン
11月 アウトドアランチ、幼児祝福式(七五三)
12月 クリスマス飾り付け・クリスマスカード作成・投函、クリスマス会・パーティー、年賀状作成・投函、
ゆず湯体験、年越しパーティー
1月 初詣・初日の出を見る会、お正月パーティー(かるた大会)
2月 クッキングランチ、バレンタインチョコ作り(女子)
3月 ひな祭りパーティー(女子)、クッキングホワイトデー(男子)、卒業式、一年お疲れ様会・卒業を祝う会

未就学児への支援

えんぜるグループ

小学校就学前の児童に基本的な生活習慣と集団での経験を大切にし活動しています。

就学中の支援

学校教育との繋がり

久美学園では浦和特別支援学校、久里浜特別支援学校、三室小学校(特別支援学級)、東浦和中学校(特別支援学級)、さいたま桜高等学園の5校と連携し、一人ひとりに合った教育面での支援を行っています。通学手段は、徒歩、スクールバス、公共交通機関を使う自主通学など様々です。

卒業に向けての支援

社会へ

18歳を迎える前から卒業後の進路を見つけられるように準備を行います。住む場所(グループホームや在宅復帰など)、仕事や日中活動場所など、その人らしく生活出来る進路を見つけられるようにサポートを行います。

短期入所のご案内

久美学園への短期入所(ショートステイ)のお申し込みは、<048-873-5716>ショートステイ担当まで。
※受付 9:00~18:00

このページの先頭へ