緑豊かな環境で福祉事業を営んでいます

後援会

メッセージ

知的障害児・者のための施設である久美愛園は、わが国がまだ障害者に対しての配慮、関心が極めて低かった昭和の初期、東京都足立区南鹿浜町に「江北農園」として創設され、4年後、現在の地、さいたま市三室に、愛と奉仕の理念のもと移ってまいりました。

歴代理事長を始めとする関係各位の心血を注ぐ尽力により、今日では短期入所の利用者を含めると200名余の利用者が100名強の職員の支援のもとに生活をしています。

わが国も成熟した社会に成長し、障害者に対しても暖かな目が向けられるようになり、福祉とは公的扶助による生活の安定であるとの立場から行政主体の措置制度が導入され、その後、利用者自らが事業者と契約する支援費制度へと移行し、現在は、自立支援費等収入へと変換を経て、再び新たな試みがなされております。

しかしながら、福祉といえども聖域ではなくなり、厳しさが増している状況の中で、入所者も重度化、高齢化が顕著となり、これらに対応するためのきめ細かなサービスにはマンパワーの充実が必要不可欠であり、人件費、設備維持費両面に多額な資金を要する状況下にあります。

こうした点を鑑み、利用者がより良い環境、施設のもとで生活できるよう、側面より支援すべく「後援会」を組織し、援助活動を実施致しております。

当後援会の趣旨にご理解とご賛同をいただき、より多くの方々にご入会を賜りたく、衷心よりお願い申し上げます。

※以上は趣意書からの抜粋

会員の種類

種 類 後援会費 備 考
正会員 一口 10,000円 会費は年額
賛助会員 一口  3,000円 会費は年額

申し込みは、後援会事務局までご連絡ください。

名 称 久美愛園後援会
役員等 後援会会長:西山 鶴生
所在地 〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区三室1431番地
連絡先 電話:048-873-5255 FAX:048-875-5381
交 通 JR北浦和駅、東武バス市民病院行き教育センター前下車、徒歩5分

このページの先頭へ